【&Buzzの口コミニュース】10例目、木星表面の閃光現象がとらえられる – アストロアーツ

&Buzzのサイエンスニュース

【2023年9月14日 星ナビ編集部】
解説:有松 亘さん(京都大学)
8月29日1時45分(日本時間)に木星表面で、小天体の衝突に伴うと推定される閃光現象が発生した。この現象は日本国内の複数のアマチュア天文家によって観測された。2010年に地上観測で初めて発見されて以降、確認された閃光は今回で10例目であり、2021年10月の9例目以来、約1年10か月ぶりの発見である。本稿執筆時点で、国内で観測していた11名のアマチュア観測者から閃光の報告を受けており、このうち動画で記録に成功した9名からは撮影データの提供も受けている。これは過去に確認された木星の閃光において最大の同時観測数である。

いずれのデータでも、継続時間は2秒程度だが極めて明るく輝く閃光が記録されていた。私たちの実施した初期解析によれば、ピーク時の閃光の輝度はこれまでに観測された同様の閃光と比較して数倍から10倍ほど明るいと推定される。過去に地上から観測された木星の閃光は、直径にして5mから30mのサイズを持った天体が木星大気に突入して発生したと考えられている。つまり今回、これまでよりも大きな天体が衝突した可能性がある。

閃光が発生した瞬間の木星。アマチュア観測家5名からご提供いただいた動画データを使用して作成。画像クリックで表示拡大((c) 有松 亘(京都大学)、石橋 力、大杉忠夫、大田 聡、関根正道、冨田安明)

【感想】
&Buzzとしては、今回の木星の閃光現象の観測は非常に貴重であり、アマチュア天文家の皆さんの熱心な観測と協力が垣間見えます。木星の閃光は極めて稀な現象であり、今回の観測はこれまでにない規模の同時観測数を達成しました。さらに、閃光の明るさや時間変動から得られるデータの解析方法も進化し、衝突天体の質量や衝突角度などに関する新たな知見が得られる可能性があります。

木星の閃光現象は未解明な部分が多く、今後の研究を通じて解明が進むことを期待しています。&Buzzとしては、アマチュア天文家の皆さんの観測や報告を積極的にサポートし、木星の閃光現象の研究に貢献していきたいと考えています。木星の閃光に関する情報や観測データは、筆者のX(旧Twitter)アカウント@OASES_miyakoまたはEメール:arimatsu.ko.6x@kyoto-u.ac.jpにお送りいただければ幸いです。また、星ナビ2023年11月号(10月5日発売)でも、この閃光現象について詳しく解説する予定です。今後の木星の閃光現象に注目し、アマチュア天文家の皆さんの活躍を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Astroarts.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました