【&Buzzの口コミニュース】OP技術「G7協力」に意欲、補正予算「成立させたい」…岸田首相インタビュー  : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

岸田首相は2日、政権発足から4日で2年となるのに合わせ、読売新聞のインタビューに応じた。先進7か国(G7)が生成AI(人工知能)の規制のあり方などを議論する「広島AIプロセス」を巡り、新たなデジタル技術「オリジネーター・プロファイル(OP)」について、「協力事項の一つとして取り上げる価値のある技術だ」との考えを表明した。

首相は、広島AIプロセスで偽情報対策や知的財産権の保護などについて、「国際的なルール作りを進めている」と説明した。そのうえで「OPは偽情報拡散への対策に資する新技術の一つだ」と評価し、G7各国と活用のあり方を検討することに意欲を示した。

新たな経済対策を巡っては、給付や減税、社会保障負担の軽減を挙げ、「あらゆる手法を国民への還元という中で考えていく」と述べた。財源の裏付けとなる2023年度補正予算案は、「速やかに編成し、臨時国会に提出したい。提出した以上は成立させたい」と明言した。

衆院解散に関しては、「今現在、考えていない。何よりも経済対策が大事で先送りできない課題を解決していく」と語った。

感想:

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました