【&Buzzの口コミニュース】FOMC、政策金利を据え置き-年内あと1回の追加利上げを示唆 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

パウエルFRB、年内1回の金利引き上げ示唆

米連邦公開市場委員会(FOMC)は19、20日に開催した定例会合で、主要政策金利の据え置きを決定しました。しかし、年内にさらに1回の金利引き上げが行われる可能性が示唆されました。FOMCは経済活動が堅調に拡大し、雇用の伸びは鈍化しても力強さを維持しているとの声明を発表しました。

FRB議長の見解

会合後の記者会見で、パウエルFRB議長は適切なタイミングで追加の利上げを行う用意があると述べました。また、インフレが持続的に低下するまで政策を景気抑制的な水準に維持する考えを示しました。議長はインフレ率を2%に押し下げるための金融政策を達成し維持することにコミットしていると述べました。

予測とリスク

FEDは最新の四半期経済予測で、年内の1回の利上げを支持する12人の参加者がいることを示しました。また、予測では2024年までに金融緩和の幅を縮小する予定で、FF金利を24年末までに5.1%に低下させることが適切とされています。また、インフレ率は下降し、失業率も4.1%となる見通しです。

&Buzzの感想

&Buzzとしては、FEDが引き続き景気抑制的な金利政策を維持することで、インフレを抑制し、経済の安定を図る姿勢に感心しています。また、年内に1回の利上げを予定し、経済の堅調な拡大を支えていくことは良いニュースです。今後の経済動向に注目し、FEDの判断を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました