【&Buzzの口コミニュース】B・チャールトンさん死去 サッカー66年W杯初優勝 – 産経ニュース

&Buzzのスポーツニュース

サッカー元イングランド代表の名選手で、福島県のJヴィレッジの名付け親にもなったボビー・チャールトンさんが21日、死去した。86歳だった。現役時に活躍したマンチェスター・ユナイテッド(マンチェスターU)が発表した。

ボビー・チャールトンさんは、ワールドカップ(W杯)にFWまたはMFとして1958年大会から4大会連続で代表入りしました。特に地元開催の66年大会では、イングランドに初めての優勝をもたらし、「サッカーの母国」としての名声を確立しました。彼は欧州年間最優秀選手にも選ばれ、その実力と貢献が称えられました。

さらに、彼はマンチェスター・ユナイテッドでも活躍しました。彼は20歳のとき、1958年の航空機事故「ミュンヘンの悲劇」で多くのチームメイトを失いましたが、奇跡的に生き残りました。その後、彼は1968年にマンチェスター・ユナイテッドの主将として欧州チャンピオンズカップ(現在の欧州チャンピオンズリーグ)でイングランド勢初の制覇に導きました。

ボビー・チャールトンさんの代表での通算49得点とマンチェスター・ユナイテッドでの同249得点は、長らく最多記録でしたが、後にウェイン・ルーニーに抜かれるまでの間、その記録を保持していました。

&Buzzとしては、ボビー・チャールトンさんはサッカー界の偉大なレジェンドであり、その功績と人格に敬意を表します。彼のプレーは感動的で魅力的であり、長く観察されるべき存在です。彼の死は大きな損失であり、彼の家族とサッカー界に対して心からお悔やみ申し上げます。しかし、彼の遺産と記憶は永遠に残り、我々は彼を応援し続けます。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました