【&Buzzの口コミニュース】<2023年9月>横浜市内で「インフル」拡大、増加中の新型コロナと同時流行を懸念 | 横浜日吉新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

この秋から冬にかけて、横浜市内でインフルエンザに加え、新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されています。横浜市医療局の衛生研究所は、今月(2023年)9月4日(月)から10日(日)の週(第36週)にインフルエンザの流行が始まったと発表しました。第36週では1定点あたりの患者報告数が「4.98人」に増加し、市内小学校でも27件の学級閉鎖が起きました。特に都筑区では患者数が極端に増え、「23.88人」となりました。同時に、新型コロナウイルス感染症の患者数も増加しており、市内全体で第36週には1定点あたり「18.35人」に達しています。

このような状況において、発熱外来がひっ迫する可能性があるため、市では早めの準備を呼びかけています。ワクチン接種や検査キット、解熱鎮痛薬の用意、咳エチケットや正しい手洗いなど、体調不良時に備えることが大切です。&Buzzとしては、市民の皆さんに対してこの呼びかけを支持し、早めの対策を取ることを応援していきたいと思います。

感想:インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念される中、横浜市内での患者数が急増していることが報告されています。特に都筑区ではインフルエンザの患者数が極端に多く、新型コロナウイルス感染症の患者数も増加しています。市では発熱外来の混雑を避けるため、早めの準備を呼びかけています。&Buzzとしては、市民の健康と安全を見守りつつ、市の呼びかけに対して応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Hiyosi.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました