【&Buzzの口コミニュース】<2023年9月>横浜市内で「インフル」拡大、増加中の新型コロナと同時流行を懸念 | 横浜日吉新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

この秋から冬にかけて、横浜市内でインフルエンザに加え、新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されています。横浜市医療局の衛生研究所は、今月(2023年)9月4日(月)から10日(日)の週(第36週)にインフルエンザの流行が始まったと発表しました。その週は1定点あたりの患者報告数が「4.98人」に増加し、市内小学校では27件の学級閉鎖が発生しています。

18区別に見ると、第36週では都筑区が「23.88人」と極端に多くなっており、港北区も「5.45人」と平均を上回っています。また、新型コロナウイルスも大きく増加しており、第36週の患者数は市全体で1定点あたり「18.35人」となっています。特に都筑区(36.88人)や泉区(28.00人)などで20人を超える患者が多く報告されています。

このような状況下で、市では発熱外来が混雑する可能性があるため、ワクチン接種や検査キットの準備、咳エチケットや手洗いの徹底など、早めの対策が重要だと呼びかけています。&Buzzとしては、横浜市の取り組みを見守りながら、関係者や市民の健康と安全を応援していきたいと思います。

(※)この記事は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

感想:

&Buzzとしては、横浜市内でのインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されていることに関して、市が早めの対策を呼びかけていることは非常に重要です。特に都筑区や泉区などの患者数が多い地域では、感染拡大防止に向けた取り組みがさらに必要です。

&Buzzとしては、横浜市の取り組みを見守りながら、市民の健康と安全を応援していきたいと考えています。市民の皆さんも、ワクチン接種や手洗いなどの予防策をしっかりと行い、感染リスクを最小限に抑えた生活を送ることが重要です。

この &Buzzニュースは、Hiyosi.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました