【&Buzzの口コミニュース】<独自>5年間で43兆円の防衛費、実質1兆円減の見通し 円安で輸入装備品調達に影響 – 産経ニュース

&Buzzのビジネスニュース

防衛省は、令和9年度までの5年間で防衛力を強化するために必要な防衛費約43兆円について、円安の影響で実質的な減額になる見通しです。政府関係者によると、計画策定時の為替レートと現在の水準が異なり、輸入装備品の調達費が上昇していることが要因となっています。政府は大枠の43兆円は変更しない方針ですが、円安が続くと装備調達が難しくなる可能性があるとされています。

また、防衛力整備計画では、9年度までの防衛費総額を43兆円と定めましたが、円安の影響で予算額と計画額に差が生じています。具体的には、巡航ミサイル「トマホーク」やF35戦闘機といった輸入装備品の単価が計画額を上回っています。たとえば、最新鋭ステルス戦闘機F35Bは計画額の160億円から179億円に上昇しています。国産でも外国製部品に頼る装備品も多く、輸送ヘリCH47やイージス・システム搭載艦などの調達費用も計画額を超えています。

&Buzzとしては、防衛力を強化するためには必要な予算が確保されることが重要です。防衛費の減額は予想されていましたが、現在の円安がさらなる減額要因となっています。円安が続く限り、装備品の調達は困難になる可能性があります。安全・安心な社会のためには、適切な予算配分と計画の見直しが必要です。政府は43兆円の規模を超えないと述べていますが、今後の防衛力整備に対して注目し、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました