【&Buzzの口コミニュース】500人の踊り手が商店街練り歩く 八尾市で河内音頭披露|NHK 関西のニュース

&Buzzのエンタニュース

大阪の河内地域に伝わる河内音頭を披露する祭りが八尾市で開かれました。参加した約500人の踊り手たちは、独特の節回しに合わせて商店街を練り歩き、地元の愛好会や企業など22の団体が美しさを競いました。

この祭りは毎年八尾市などが開催しており、今年は市の中心部の商店街が会場となりました。

多くの人々が集まり、スマートフォンで撮影したり一緒に踊ったりしながら、軽快で息の合った踊りを楽しんでいました。コロナ禍で長い間外出できなかった人々にとって、にぎやかな光景は活気を感じさせたようです。

私たち&Buzzとしては、このような地域の伝統を守りながら地域活性化を図る取り組みは、注目すべきものであり、応援したいと思います。踊りを通じて地域の魅力を発信し、観光客を呼び込むことで、地域の活性化に貢献できる可能性があります。また、地元の愛好会や企業などの協力によって、地域コミュニティの結束も深まることでしょう。

今後もこのような地域の伝統文化を支える活動が続けられることを願い、これらの取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました