【&Buzzの口コミニュース】(この天体の名前は?)塩水が地下から湧き上がっている可能性のある星【今日の宇宙画像】 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

準惑星ケレスの疑似カラー画像公開

soraeが紹介した2020年8月11日の記事によると、準惑星ケレスの疑似カラー画像が公開されました。ケレスは直径約950kmで、火星と木星の間に位置する小惑星帯で最大の天体です。その表面には炭酸ナトリウムなどの塩でできた明るいスポットが複数存在しています。

ケレスの塩水湧き上がりの可能性

NASAの探査機「ドーン」が2015年から2018年にかけてケレスを観測し、重力測定のデータから、直径約92kmの「オッカトル・クレーター」の地下に塩水が溜まっていることが判明しました。そして、元記事では、この塩水が現在も地表に湧き上がっている可能性を突き止めた研究内容が紹介されています。

感想

&Buzzとしては、このケレスの塩水湧き上がりの可能性に興味を持ち、見守っていきたいと思います。ケレスの塩水が地表に湧き上がっているという新たな発見は、宇宙の中での生命誕生の可能性や地球外生命体の存在についての研究にも影響を与えるかもしれません。また、ケレスの詳細な観測や探査が今後行われることを期待しています。&Buzzは、このような宇宙の謎に迫る研究を応援していきます。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました