【&Buzzの口コミニュース】(この天体の名前は?)ボイジャー2号が唯一のフライバイ探査を行った海王星の衛星【今日の宇宙画像】 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

海王星の衛星「トリトン」について

海王星の衛星トリトンは、1989年にNASAの惑星探査機「ボイジャー2号」によって初めてフライバイ探査された謎多き天体です。トリトンには窒素を主成分とした大気や電離層が存在しており、ボイジャー2号が撮影した画像には地下から物質が噴出した痕跡が見られました。

さらに、トリトンの軌道は海王星の自転に逆行する右回りであり、これによりエッジワース・カイパーベルト天体であるという説も存在します。

トライデントという探査計画候補

元記事では、ボイジャー以来のトリトン観測を目指す探査計画候補「トライデント」が紹介されています。トライデントは、2020年にNASAのジェット推進研究所が解説した内容に基づいています。

&Buzzとしては、トリトンの謎に迫るトライデント探査計画は非常に興味深いものとして見守っていきたいです。海王星の衛星トリトンが持つ大気や地下の物質噴出などの現象の解明は、宇宙の謎を解く一歩になる可能性があります。今後のトライデント計画の進展を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました