【&Buzzの口コミニュース】高齢者の死亡リスクは、「家族や友人の訪問」で39%低下させられる【研究結果】 | TABI LABO

&Buzzのヘルスケアニュース

「家族の訪問」が、高齢者の命を長らえる──最近の研究が示す、親密なつながりの驚くべき健康効果とは?

定期的な家族や友人の訪問を受ける高齢者は、そうでない人に比べて死亡率が39%低下することが、最近の研究で明らかになりました。社会的孤独は喫煙や過度の飲酒、運動不足など不健康な習慣を引き起こし、死亡リスクを高めることが分かりました。

人間は「社会的動物」として交流が重要であり、親しい人との接触は全年齢層にとって重要な要素であることが示唆されています。高齢者が家族や友人から定期的に訪問を受けることで、死亡率が39%低くなるという研究結果が明らかになりました。

&Buzzとしては、高齢者の健康や幸福につながる家族や友人との訪問を積極的にサポートしていきたいと思います。

この研究は高齢者を対象に行われましたが、同様の効果が若年層にも適用される可能性があります。人間の「社会的動物」としての特性は、年齢に関係なく存在し、親しい人との交流はあらゆる年代にとって重要です。

人々が大切な人との接触を欠いていると感じている場合、この機会に一度訪問してみることをおすすめします。

&Buzzとしては、高齢者の社会的なつながりと孤立を見守り、互いに支え合っていくことを応援していきたいと思います。

※本記事はニュース記事「【&Buzzの口コミニュース】高齢者の死亡リスクは、「家族や友人の訪問」で39%低下させられる【研究結果】 | TABI LABO」の要約を元に作成しています。

感想:

この研究結果は、家族や友人との親密なつながりが高齢者の命を守ることに繋がることを示しています。社会的孤立が健康への悪影響や死亡リスク上昇と関連していることが明らかになりました。高齢者の寿命を延ばすためには、定期的な訪問や交流が重要です。また、同様の効果は若年層にもあるかもしれません。家族や友人との接触を大切にすることは、全ての年代にとっても重要です。&Buzzとしては、高齢者の健康と幸福をサポートし、社会的なつながりを見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Tabi-labo.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました