【&Buzzの口コミニュース】高機能バイオ医薬候補創成に成功! – 金沢大学

&Buzzのヘルスケアニュース

金沢大学と東京大学の共同研究グループは、新たなタンパク質工学手法を用いて、安定性に優れた新規タンパク質『U-body』を創成しました。この『U-body』は、肝細胞増殖因子(HGF)と同等の活性を持っており、HGFよりも生体内での安定性に優れています。細胞増殖因子は高い生理活性を持つが、分解されやすい性質を持っているため、より安定で活性を持つ代替分子の創成が望まれていました。この研究結果は、新たな創薬開発プラットフォームや再生医療分野への応用が期待されるものです。

&Buzzとしては、この研究成果を見守っていきたいと思います。新たなタンパク質工学手法によって創成された『U-body』は、HGFと同等の活性を持ちながら、生体内での安定性に優れています。これによって、治療薬のない難治性疾患に対する治療薬の開発や細胞の再生を促進する医薬品の開発が可能になるかもしれません。マーケティング担当者として、この技術の進展を応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Kanazawa-u.ac.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました