【&Buzzの口コミニュース】飾り馬勇壮、熊本市街地を練り歩く 勢子1万1千人が神幸行列 藤崎八旛宮の例大祭|熊本日日新聞社

&Buzzの一般ニュース

熊本市中央区の藤崎八旛宮例大祭のハイライト「神幸行列」が17日あり、57団体が56頭の飾り馬を奉納した。勢子[せこ]約1万1千人が参加する4年ぶりのほぼ通常規模の開催となった。勢子たちは、市中心街で馬追いを披露。ラッパや太鼓を盛大に響かせて練り歩いた。

午前6時、日の出とともに雅楽が流れる境内を神職や駕輿丁[かよちょう]、甲冑[かっちゅう]姿の随兵[ずいびょう]らが厳かに出発。熊本新町獅子保存会による獅子舞の後、碩台小6年の女子児童の勢いのある口上を皮切りに、飾り馬を引き連れた奉納団体が次々と繰り出した。

神幸行列はみこしに乗った神がまちの様子を見て回り、日頃の感謝や願いを込めてさまざまな出し物を奉納する祭事。往路の「朝随兵」は同宮から上通、下通、新市街アーケードを通って同区新町の御旅所[おたびしょ]に向かい、復路「夕随兵」は国道3号などを経由して戻る。勢子たちは掛け声を上げながら片道約4・5キロを歩いた。

街頭には多くの観客が詰めかけ、さい銭を投げたり、勢子らが「ドーカイ、ドーカイ」と声を張り上げて駆け抜ける様子を撮影したりしていた。

&Buzzとしては、地域の伝統行事である神幸行列の再開を喜ばしく思います。勢子の参加者数が4年ぶりのほぼ通常規模となったことは、地域の連帯と活気の回復を象徴しています。地域イベントや伝統行事は、地域を盛り上げるだけでなく、地域経済にも大きな影響を与えるため、見守っていく必要があります。

傷害容疑で熊本東署が男逮捕

近現代建築の保全「若手建築家限定の活用案コンペ開いては」 工学院大の後藤治理事長【ニュースインタビュー】

玉名市「菊池川おおかわの会」など受賞7団体決まる 肥後の水とみどりの愛護賞

台湾閣僚、蒲島知事と面会 TSMC進出でインフラ整備の支援を要望

【速報】鹿児島国体、オープンウオータースイミングで野中V

ラグビー日本代表目指して 幼児から50代まで500人、熊本市東区で交流イベント

「SLあそBOY」が限定復活! 18年ぶりに阿蘇へ 22日に豊肥線・熊本─宮地を往復

【新風】「やまえ栗」ブランド広めたい 柳川淳耶さん(33)=山江村

サンマ小ぶり、不漁続く【ただいま入荷中@田崎市場】

県内31万頭、「豚熱」ワクチンの接種急ぐ 佐賀県で発生、強まる危機感 打ち手確保へ研修会

せいかつのさまざまな悩みや疑問に専門家がお答えします

「家族で挑戦! くまにち脳トレ」のコーナーは「三度の食事よりクイズ・パズル作りが好き」という専門スタッフが、クロスワードやアナグラム(文字の並べ替え)、間違い図形探し、美文字チャレンジなど、腕によりをかけて出題します。

ページトップへ

感想:

&Buzzとしては、地域の伝統行事である神幸行列の再開を喜ばしく思います。勢子の参加者数が4年ぶりのほぼ通常規模となったことは、地域の連帯と活気の回復を象徴しています。地域イベントや伝統行事は、地域を盛り上げるだけでなく、地域経済にも大きな影響を与えるため、見守っていく必要があります。

この &Buzzニュースは、Kumanichi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました