【&Buzzの口コミニュース】食品添加物と残留農薬はそれほど気にしなくていい…がんのリスクを増大させる喫煙、飲酒以外の要素 ピロリ菌、肝炎ウイルス、HPV、HTLV-1、EBウイルスに要注意 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

&Buzzのヘルスケアニュース

日本人における予防可能ながんによる経済的負担は1兆円超え(推計) 適切ながん対策により、経済的負担の軽減が期待される

2023年8月、国立がん研究センターが発表したプレスリリースによると、がんによる総経済的負担額は約2兆8597億円で、予防可能ながんの経済的負担は約1兆240億円と推計された。この中で、感染が最も高い経済的負担を占めており、約4788億円だった。次いで、能動喫煙が約4340億円、飲酒が約1721億円となっている。

感染によるがん

専門家によれば、ウイルスや細菌の感染ががんを引き起こすことが知られている。ウイルスはヒトの遺伝子を変異させ、免疫系が正常な細胞にもダメージを与えることで発がんを引き起こす。日本人のがんの15〜20%は感染が原因とされる。

特に、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染による胃がんは以前に多く見られた。ヘリコバクター・ピロリは、胃酸を中和する物質を分泌することで胃酸のある環境でも生き残れる。ピロリ菌の感染は幼少期の不衛生な水の摂取などによる経口感染が主なルートとされる。しかし、上水道の普及によってピロリ菌感染率は減少し、除菌療法の進歩によって胃がんリスクも下がってきている。

感想

&Buzzとしては、感染によるがんのリスクに注目すべきであり、適切な予防策を行っていく必要がある。感染ががんの経済的負担に大きく寄与していることも明らかになっており、感染症の予防や早期発見・治療の重要性を再認識するべきだ。特に、ピロリ菌感染による胃がんのリスクを軽減するためには、予防啓発や除菌治療の普及が必要だ。これからも情報を見守りながら、がん予防に貢献していきたい。

この &Buzzニュースは、President.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました