【&Buzzの口コミニュース】運動×認知機能トレーニング=認知機能改善の可能性 一方、ビタミンDは……?  | ヘルスデーニュース | 毎日新聞「医療プレミア」

&Buzzのヘルスケアニュース

認知機能向上における運動と認知機能トレーニングの有効性が明らかに

カナダのモントリオール心臓研究所のチームが行った研究によれば、軽度な認知機能の低下を持つ高齢者において、運動と認知機能トレーニングが認知機能の改善に有効であることが示されました。しかし、ビタミンDを摂取することでさらなる効果が得られるわけではないことも明らかになりました。この研究は、175人の軽度認知障害の患者を対象に行われ、有酸素運動、バランス力を高める運動、認知機能トレーニング、偽の認知機能トレーニング、ビタミンDの摂取を20週間にわたって実施し、認知機能の変化を調査しました。

&Buzzとしては、認知症の予防において重要な要素である運動と認知機能トレーニングの効果が確認されたことは非常に重要です。これにより、ライフスタイルの改善が認知症のリスクを減らし、脳の健康を維持することに役立つ可能性が示されました。また、運動と認知機能トレーニングにビタミンDを追加しても効果は見られなかったため、ビタミンD単独では認知機能に与える影響は限定的である可能性が示唆されます。今後は、さらなる研究が必要であり、特に高齢者の認知機能の改善に向けた適切な介入方法を明らかにすることが求められます。&Buzzは、この研究の結果を見守り、将来的には運動と認知機能トレーニングのプログラム開発や啓発活動に取り組んでいきます。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました