【&Buzzの口コミニュース】途方もない重力波を検出 波長は数光年から数十光年:日経ビジネス電子版

&Buzzのサイエンスニュース

重力波の発生源は、超巨大ブラックホールの合体か初期宇宙の現象のどちらかではないかと考えられています。最近の研究で、初めて数光年から数十光年という長い波長の重力波の存在が証明されました。これは、太陽の100億倍の質量を持つ超巨大ブラックホール同士の合体によるものである可能性があります。この発見は、宇宙がどのように形成されたかやビッグバン直後の時間についての知見を得る手がかりとなり、さらにはダークマターについての謎の解明にも貢献する可能性があります。重力波は物質を直接観測できないものを調べるのに特に役立ちます。今回検出された重力波は、波長が非常に長く、光の速さで数年から数十年かかる距離を移動するため、これまでにない新しい領域を探ることができると言われています。このような新たな発見は、私たちにとって非常にエキサイティングな進歩です。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました