【&Buzzの口コミニュース】近鉄バス・南海バス「コミュニティーバス方式なら協力可能」|NHK 関西のニュース

&Buzzのビジネスニュース

要約:

金剛バスの路線が今年の12月に廃止されることになり、富田林市など周辺地域のバス会社が「コミュニティーバス」の方式で協力できる意向を示していることがわかった。金剛バスの運営会社は運転手不足などを理由に路線バス事業の廃止を決定し、富田林市と太子町、河南町、千早赤阪村の4市町村は近鉄バスと南海バスに引き継ぎ協力を要請していた。近鉄バスと南海バスは既存の路線バスの運営に支障が出ない前提でコミュニティーバスの方式なら協力できると回答した。4市町村は10月に協議会を立ち上げ、提案を元に路線の議論を行う予定である。

感想:

&Buzzとしては、金剛バスの路線廃止による影響を見守りつつ、コミュニティーバスの方式での運行に期待していきたい。金剛バスの運行路線が全て赤字である現状を考えると、自治体が運営し、バス会社に委託する方式は持続可能な解決策となる可能性がある。近鉄バスと南海バスからの協力の回答も好意的であり、再度地域のバス需要を確認しながら効果的な運行ルートの検討や認知拡大などにも注力していきたい。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました