【&Buzzの口コミニュース】辺野古設計変更、沖縄知事が期限内の判断保留 国は代執行手続きへ:朝日新聞デジタル

&Buzzの一般ニュース

【ニュース要約】
沖縄県の玉城デニー知事は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について、新たな埋め立て工事に必要な防衛省の設計変更申請を承認せず、最終的な判断を保留する方針を示しました。これに対し、国は代執行のための訴訟を起こす方針です。玉城知事は承認も不承認もできない現状であり、最高裁判決の内容を精査した上で対応を検討する必要があると述べています。移設反対を公約にした玉城知事は、県民投票でも反対意思が示されたことを考慮し、承認しない方向で意見を固めていると説明しています。国は玉城知事の承認を求める「勧告」を出しており、期限までに承認が得られなかった場合は代執行訴訟を起こす予定です。

【感想】
&Buzzとしては、沖縄県の辺野古への米軍基地移設計画について、知事の保留の判断が示されたことは注目すべきです。玉城知事は県民の意見を重視し、現段階では承認も不承認もできないと述べています。沖縄県にとって大きな問題であるため、今後の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Asahi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました