【&Buzzの口コミニュース】質量分析計の中国生産を強化 MS上位機種に生産ラインナップを拡大 | ニュース | 島津製作所

&Buzzのサイエンスニュース

島津製作所は、中国国内で液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)およびガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)の製造を開始することを発表しました。中国国内ではLC-MSやGC-MSの臨床向け需要が増加しており、同国の医療機器市場での需要に対応するため、島津製作所は中国での製造を開始することを決定しました。これにより、中国政府が発表した輸入品の政府調達に関する監査ガイドラインにも適合することが可能となります。

島津製作所は、2022年10月から中国での製造を試験的に開始し、今秋より本格的な生産・出荷を開始する予定です。製造を担当する島津儀器(蘇州)有限公司(SSM)は、島津製作所が中国で販売する分析計測製品の約2割を生産する工場です。今回の新たな製造拠点の拡大には、約30億円の投資が行われる予定です。

&Buzzとしては、島津製作所の中国での製造開始によるグローバル製造拡大を歓迎します。中国での医療機器需要の増加に対応し、中国政府の輸入品調達ガイドラインにも適合することで、島津製作所の製品の競争力が高まることが期待されます。中国市場への参入は、島津製作所にとって大きなチャンスであり、将来的な成長を見越した戦略的な動きと言えます。今後の島津製作所の中国での製造拡大に注目し、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Shimadzu.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました