【&Buzzの口コミニュース】貯蔵能力は無限大 の「脂肪細胞」とは?食べ物を食べると太るメカニズム【図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術】 | ラブすぽ

&Buzzのヘルスケアニュース

MENU

Text: 土田 隆

内臓脂肪の怖さや特性がわかってきたところで基本に戻り、「食べるとなぜ太ってしまうのか」についておさらいをしておきましょう。例えば、炭水化物(糖質)は体内でブドウ糖に分解され、生命活動(代謝)のためのエネルギー源になります。

このとき余ったブドウ糖は、筋肉や肝臓に糖の一種グリコーゲンという形で変換・貯蔵され、それでも余ったブドウ糖を脂肪細胞に中性脂肪として蓄えます。これがいわゆる脂肪。ただ、筋肉や肝臓の許容量には限界があり、グリコーゲンをたくさんためておくことはできません。

しかし、脂肪細胞は栄養があるだけ増殖するので、限りなく中性脂肪をため込みます。つまり、余剰分の栄養が次々と脂肪細胞へと運ばれ、体脂肪をどんどん増やす仕組みになっているのです。また、脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類に分類できます。なかでも、肥満と関係があるのが、体脂肪を構成する白色脂肪細胞のほう。

通常0・08㎜程度の大きさですが、栄養を蓄えると最大で約1・7倍にまで膨らみます。しかも、肥大と分裂を繰り返すので、その増殖はすさまじいものです。これは、内臓脂肪や皮下脂肪が止めどなく増えることを意味しますので、考えると恐ろしくなります。逆に、褐色脂肪細胞は、脂肪を消費して熱を発生させる働きをしてくれます。

食べたものはエネルギーとして使われ、余った栄養が筋肉や肝臓に貯蔵されます。余剰となった栄養は、脂肪細胞に蓄えられ脂肪になります。

食べ物から摂取する栄養は、生命維持のエネルギーとして消費され、余剰分はもしもの備えで筋肉や肝臓に貯蔵。さらに余った栄養は脂肪細胞に運ばれ、脂肪とな蓄積されます。

「最近太ってしまった」、「色々な方法を試したけどなかなか痩せない」、「健康診断の数値も悪くなっている」……。運動不足やストレス、暴飲暴食など原因はさまざまですが、いつの間にかぽっこりおなかになってしまっていたり、病院でメタボの判定を受けてしまった、なんて方も多いのではないでしょうか。しかし痩せようと思っても思うように結果が出なかったり、ストレスから食べ過ぎてしまったり、なかなか継続するのは難しいもの。ですが、その状態を放っておくと内臓脂肪が蓄積して生活習慣病になったり、さらには重度の病へ発展することもあります。そんな悩みを持つ人に向けて、長年肥満治療を行ってきた医師が考案した、ストレス無く痩せてリバウンドもしない『内臓脂肪が落ちる最強プログム』を紹介します。そもそも今の現代人の食事量は多く、その結果として胃が大きくなってしまっていることもあるため、胃のサイズを正常化して自然と痩せていく体作ります。また、たんぱく質をしっかり取り、筋肉と代謝をアップさせて脂肪を消費するための本書オリジナル『内臓脂肪燃焼 万能ふりかけ』の作方も紹介!あらゆる食事に振りかけるだけで高たんぱく食に早変わりする魔法のようなふりかけで、みるみる体が変わります。そのほか、痩せるために必要な生活習慣や、代謝を上げるために一番鍛えるべき「広背筋」の鍛え方までしかあり解説します。誰でも簡単に痩せられて継続しやすいメソッドなので、体型が気になる方にはぜひ手に取って頂きたい一冊です。

この &Buzzニュースは、Love-spo.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました