【&Buzzの口コミニュース】警察官がはねた女性に暴言 「彼女に大した価値なかった」 ボディーカメラに記録|FNNプライムオンライン

&Buzzの一般ニュース

アメリカ・シアトルで、パトカーにはねられて死亡した女性について、警察官が「彼女に大した価値はなかった」などと話していたことが明らかになり、調査が行われることになりました。

この事件は、9月11日にシアトル警察が公開した警察官のボディーカメラの映像です。映像の中で、警察官は笑いながら「彼女に大した価値はなかった」と言っています。被害者はシアトルの大学院生、ヤーナヴィ・カンドゥラさん(23)でした。

カンドゥラさんは2023年1月、横断歩道を歩いていたところ、時速119kmのスピードで交差点に進入してきたパトカーにはねられ、30メートル以上飛ばされ、死亡しました。この事故に対応した警察官の音声が問題となっています。

警察官の発言によれば、「彼女は死んでいる。小切手を書けばいい。1万1,000ドル(約162万円)だ。26歳だった彼女に価値はない」と話していると報じられています。警察官は後に、皮肉を込めた発言であり、最小限の支払いを模倣したものだと釈明しています。

&Buzzとしては、この事件に関して適切な調査が行われ、公正な判断が下されることを希望しています。被害者の命を軽視するようなコメントは許されるものではありませんし、警察官としてのプロフェッショナリズムに欠ける行動と言えます。社会的な信頼を回復するためには、責任の明確化と適切な対応が求められます。事故を未然に防ぐための対策や教育なども必要であり、被害者を含むすべての人々の安全を守るために、警察機関の努力が期待されます。

この &Buzzニュースは、Www.fnn.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました