【&Buzzの口コミニュース】認知症定義から除外の精神疾患を施行規則で明示 – CBnewsマネジメント

&Buzzのヘルスケアニュース

厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課は、認知症基本法施行規則案を公表しました。この案では、認知症の定義から除外する精神疾患が明示されています。施行規則案では、せん妄、鬱病、その他の気分障害、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、統合失調症、妄想性障害、神経症性障害、知的障害その他これらに類する精神疾患が除外されています。認知症基本法は2024年1月1日に施行される予定です。この規則に関するパブリックコメントは11月2日まで募集されています。

&Buzzとしては、認知症施策の具体化が進んでいることを評価します。認知症は高齢者にとって深刻な問題であり、適切なケアが求められています。認知症基本法の施行に伴い、認知症の定義に精神疾患を除外することで、より効果的な支援が可能になると期待されます。これにより、認知症患者やその家族に対する理解とサポートが充実し、生活の質の向上に繋がることでしょう。今後の施行規則案の作成過程やパブリックコメントの結果に注目し、認知症対策の推進を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Cbnews.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました