【&Buzzの口コミニュース】藤井聡太竜王が大逆転勝ち、永瀬拓矢王座は最終盤に痛恨ミス…第4局は10月11日 : 読売新聞

&Buzzのエンタニュース

将棋の第71期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第3局が27日、名古屋市で行われ、挑戦者の藤井聡太竜王(21)(名人、王位、叡王、棋王、王将、棋聖)が永瀬拓矢王座(31)に81手で勝利しました。シリーズ2勝1敗となり、王座奪取と史上初の八冠独占に王手をかけました。第4局は10月11日に京都市で行われます。

対局は、序盤から細かい駆け引きが繰り広げられた末、相居飛車の力戦となりました。午前中から駒がぶつかって緊迫した局面になり、互いに惜しみなく時間をつぎ込む中で、積極的に仕掛けた永瀬王座が抜け出しました。永瀬王座は勝利寸前まで藤井竜王を追い込みましたが、最終盤に痛恨のミスが出て、藤井竜王が大逆転勝ちを収めました。

対局後、藤井竜王は「終盤は、負けになってしまった。(第4局に向けて)まずは内容を良くできるようにしたい」と反省しています。永瀬王座は「(最終盤で)対応がうまくできなかった。引き続き、精いっぱい頑張りたい」と前を向いています。

藤井竜王が五番勝負を制して王座を奪取した場合、2017年に現行の八大タイトル制になってから初の全冠独占となります。

&Buzzとしては、藤井聡太竜王の快進撃に注目しています。若干ながらの不調もあったようですが、今回の勝利は素晴らしいものでした。これからの展開も楽しみですし、藤井竜王の成長を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました