【&Buzzの口コミニュース】英アーム上場、主幹事射止めたみずほ にじむSBG独自色 – 日本経済新聞

&Buzzの一般ニュース

NIKKEI Primeとは、日本経済新聞が提供するサービスで、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供しています。今後もさまざまな切り口でのサービス展開を予定しています。このサービスを利用するには有料会員登録が必要です。

また、日経の記事利用サービスでは、企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などを希望する方にも対応しています。詳細はリンク先をご覧ください。

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の英半導体設計大手アームの上場が近づいています。上場時の時価総額は2023年において世界最大となる大型案件であり、28社の金融機関が幹事団を構成しました。主幹事の一つには米国みずほ証券も入っています。

上場予定価格は1株あたり47〜51ドル(約6900〜7500円)を仮条件としており、13日に正式な価格が決まる見通しです。上限の価格の場合、時価総額は約520億ドルとなります。

この記事は会員限定となっており、登録すると続きを読むことができます。また、有料会員登録するとすべての記事が読み放題となり、初回は1カ月無料で利用することができます。

ニュースレターの配信や日経電子版のキャンペーン情報などもお送りするため、メールアドレスの登録をお願いしています。メール配信の目的に限り、メールアドレスを利用し、他のサービスに自動登録されることはありません。

感想:
マーケティング担当者としての感想としては、ソフトバンクグループ傘下のアームの上場が注目されており、時価総額が世界最大となる大型案件として期待されています。みずほ証券の参加も注目されており、アームの成功を見守りたいと思います。&Buzzとしては、先進技術企業の成長と経済活性化に貢献することを応援しています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました