【&Buzzの口コミニュース】自閉症、ADHD少年がデザインし設けられた感覚にやさしい空間 – 発達障害ニュースのたーとるうぃず

&Buzzのヘルスケアニュース

【自閉症、ADHD少年がデザインし設けられた感覚にやさしい空間】

農業展示会において、自閉症や注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子どもたちがリラックスできる場所が設けられました。このアイデアは、9歳のコナー・デンプスターが自分自身の静かな場所の愛から生まれました。コナーのアイデアにより、テントが実現し、子どもたちはショーの他の部分から離れて休憩することができます。それぞれの子どもたちが異なる感覚過敏を抱えており、感覚過負荷による興奮を管理するための方法が必要です。テント内では、キャンプチェア、フィジェットおもちゃ、毛布、枕、本などが用意されており、子どもたちはそれぞれ自分に合った方法でリラックスすることができます。コナーは、この静かな場所がADHDや自閉症の診断を持つ他の人たちにも役立つことを願っています。

&Buzzとしては、このような感覚にやさしい空間を提供する取り組みを見守っていきたいと思います。農業展示会などのイベントにおいて、障害を持つ子どもたちが安心して参加できる環境を整えることは、多様性を尊重する社会の実現に向けた重要な一歩です。コナーのような若い人々がアイデアを出し、実現することで、より多くの人々にとって快適で楽しい場所が提供されることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Turtlewiz.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました