【&Buzzの口コミニュース】臨海副都心エリアがアートに染まるイベント「ARTBAY TOKYO」が開催

&Buzzのエンタニュース

2023年9月15〜24日、東京湾に浮かぶ台場、青海、有明の臨海副都心エリアで、アートイベント「ARTBAY TOKYO アートフェスティバル」が開催されます。今回のテーマは「循環」とし、野外展示やインスタレーション、ワークショップ、パフォーマンスなど様々なプログラムが行われます。このイベントは2回目の開催となり、都市と人の関係性や自然との共生、時間の循環について考える機会となります。

注目作品の一つは、シンボルプロムナード公園内の「花の広場」で展示される長場雄の作品「Everyday Life」です。この作品はVR作品で、街を行き交う人々が描かれています。スマートフォンで眺めると、別世界が現れ、現実世界とリンクしている風景や建物が見えます。

また、「石と光の広場」では野外展覧会「Biotope Circles-生きるものたちの息づかいが聴こえる場所-」が開催されます。18人の現代アーティストが無機物や有機物を用いて表現し、広大な青空の下でアートを鑑賞することができます。

さらに、海を臨む臨海副都心の風景を象徴する「コンテナ」を用いた作品もあります。石毛健太の作品「intermodal garden」では、コンテナの中に土が敷かれ、太陽光などによって草が発芽し、四季折々で姿形を変える「庭」として機能します。

他にも様々なプログラムが展開されますが、特筆すべきは世界で活動するエアダンスパフォーマー「AIRFOOTWORKS」によるスペシャルステージ「SPECTRUM FUSION-光と無重力のアートパフォーマンス-」です。これまでにない特別なアート空間で、一夜限りのパフォーマンスが行われます。

今回のイベントは、美しい水辺の景観や豊かな自然、商業施設、公園などから成る臨海副都心エリアで、多彩なアートと触れ合う機会となります。これからの展開に注目しながら、ARTBAY TOKYO アートフェスティバルを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Timeout.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました