【&Buzzの口コミニュース】脂肪が効率よく燃焼される運動強度は個人差が大きい、マウントサイナイ・アイカーン医科大学研究報告|@DIME アットダイム

&Buzzのヘルスケアニュース

減量や疾患予防のために脂肪を効率的に燃焼させるためには、個別化された運動強度が必要とされます。ただし、運動強度と脂肪燃焼との関係は個人差が大きく、心拍数から推計される「脂肪燃焼ゾーン」はあてにならない可能性があります。米マウントサイナイ・アイカーン医科大学の研究によれば、脂肪の酸化速度が最大化する運動強度が最適とされますが、市販のエクササイズマシンの表示は個人の強度とは異なる可能性があります。そのため、個々に運動負荷試験を行い、脂肪の酸化速度を測定することが望ましいです。今後は、個別化された運動処方がより効果的な減量や異所性脂肪減少につながる可能性もあります。マーケティング担当者としては、こうしたデータ駆動型アプローチがますます注目されることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Dime.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました