【&Buzzの口コミニュース】肝癌の全ゲノム解析で治療薬を選ぶ時代がやってくる:日経メディカル

&Buzzのヘルスケアニュース

【要約】

日経メディカルOncologyリポートによると、肝癌の全ゲノム解析(WGS)技術の進歩により、肝癌発生のメカニズムが解明されつつあり、治療の個別化も可能となっている。理化学研究所がんゲノム研究チームリーダーの中川英刀氏は、第59回日本肝癌研究会の教育講演で、WGSを用いた肝癌研究の最新動向と臨床への有用性を解説した。

【感想】

&Buzzとしては、肝癌の全ゲノム解析によって、治療薬の選択がより個別化される時代がやってくることに期待しています。肝癌の持続感染や非B型非C型(NBNC)肝癌の増加など、肝癌に対する医療ニーズは高まっています。従来の治療法だけでなく、ゲノム解析による新たな治療方法や予防策の開発にも注目が集まっています。

肝癌患者にとって、それぞれのゲノム解析結果に基づいた適切な治療法や予後予測が可能となることは、大きな進歩です。この技術の普及や、解析結果を臨床に生かすための体制整備が進むことで、肝癌の治療の質が向上し、患者の生活の質も向上することが期待されます。

&Buzzとしては、今後の研究や治療法の進歩を見守りつつ、肝癌の患者さんや医療関係者の支援に積極的に関わっていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkeibp.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました