【&Buzzの口コミニュース】絵文字×絵文字=カオス? 「Emoji kitchen」がSNSで話題 X上では大喜利状態に – ITmedia NEWS

&BuzzのTECHニュース

米Googleが提供する「Emoji kitchen」がSNSで話題です。Emoji kitchenは2つの絵文字を組み合わせて新しい絵文字を生成する機能を提供しています。これまではAndroid向けキーボードアプリ「Gboard」でのみ利用できましたが、9月15日までにGoogle検索からも利用可能になり、X(元Twitter)ではユーザーがカオスな絵文字を投稿しています。

Google検索版Emoji kitchenは「Emoji kitchen」と検索することでPCとスマートフォンの両方で利用できます。選択できる絵文字は230種類以上あり、2つの絵文字を選ぶことで新しい絵文字を生成できます。

例えば、「雨雲」と「にこやかな笑顔」を組み合わせると「にこやかな笑顔の雨雲」の絵文字が生成されます。笑っている顔の代わりに「大声で泣いている顔」を組み合わせると「大声で泣いている雨雲」が生成されるなど、ある程度パターン化されています。画風が変化するペアもあり、「インベーダー」と雨雲を組み合わせると「ドット絵風の雨雲」になります。

また、同じ種類の顔文字を組み合わせることも可能で、「熊」×「熊」で「熊の親子」や「エイリアン」×「エイリアン」で「ピースするエイリアン」などの絵文字が生成されます。生成した絵文字はPNGの画像データとして保存もできます。

Xでも15日午後5時半時点で「emoji kitchen」がトレンド入りしており、ユーザーたちがさまざまな組み合わせを投稿しており、大喜利状態になっているようです。

&Buzzとしては、Googleが提供する「Emoji kitchen」の話題性とユーザー参加の活発さに興味を持っています。絵文字はSNSやコミュニケーションツールで使われることが多く、新しい絵文字の生成が可能な機能はユーザーにとって魅力的な要素となるでしょう。また、大喜利状態となっていることから、ユーザーの創造力や遊び心を刺激する機能として成功していると言えます。今後の展開を見守り、ユーザーがより個性的な絵文字を楽しめるよう応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました