【&Buzzの口コミニュース】結膜が素早く能動的にアレルゲンを取り込む仕組みを解明|学校法人 順天堂のプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

【要約】
研究チームは、花粉症の発症のメカニズムを解明しました。眼の杯細胞がアレルゲンを取り込む際に、粘膜のバリア機能が破綻し、アレルギー症状が出やすくなることが分かりました。さらに、花粉の殻が刺激となり杯細胞が大量に生じることが明らかとなりました。眼のGAP(goblet cell associated antigen passage)がアレルギー反応を促進する役割を果たしていることがわかりました。眼のGAP形成は三叉神経が関与し、アセチルコリン刺激による粘液放出とは別の制御信号で行われることもわかりました。

【感想】
これまで花粉症の症状が短時間で発症するメカニズムは不明でしたが、この研究でその謎が解けました。花粉症の治療や予防に役立てるために、この仕組みを詳しく解明し、眼を保護しながらアレルギーを抑制する方法を探求したいです。また、他の粘膜におけるGAPの役割についても研究が進められることに期待しています。&Buzzとしては、この研究成果を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました