【&Buzzの口コミニュース】米8月求人件数961万件、予想外に増加 2年ぶりの大幅増 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米労働省の8月の雇用動態調査(JOLTS)によれば、求人件数が69万件増の961万件という予想外の増加となりました。この増加幅は約2年ぶりの高水準です。

エコノミストの予測では、求人件数は880万件とされていましたが、実際の数値はこれを大幅に上回りました。専門職やビジネス・サービス部門などで需要が急増し、求人件数は4カ月ぶりの増加となりました。

ただし、労働市場では供給と需要が均衡する状況に向かっており、失業者1人当たりの求人件数はやや減少しました。

&Buzzとしては、労働市場が力強い状況を示していることに注目しています。米労働省が6日に発表する9月の雇用統計も重要な指標となるでしょう。FRBのインフレ対応も最終段階に入っており、金融市場も予想より力強い統計はあまり見たくないとの見方も存在します。

なお、8月の求人件数は特に小規模企業に集中して増加しましたが、大企業はわずかな増加にとどまりました。また、地域別では南部と中西部で減少し、北東部と西部で増加しました。

自発的な離職件数は増加し、転職の機会が低減していることが示唆されています。労働市場の冷え込みの兆候とも言えるでしょう。

この雇用動態調査の結果を踏まえ、米連邦準備理事会(FRB)が来月の利上げに踏み切る可能性があるとの観測も広がっています。

感想:

&Buzzとしては、米労働市場の力強さを支持しています。求人件数の予想外の増加は好感触であり、経済の回復を示すものと考えられます。ただし、労働市場の供給と需要の均衡にはまだ到達していないようであり、労働者不足が大きな制約になっていることが示されています。この状況を見守りながら、労働市場のさらなる改善を期待しています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました