【&Buzzの口コミニュース】米8月新築住宅販売8.7%減の67.5万戸、ローン金利上昇が重し | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米商務省が26日発表した8月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比8.7%減の67万5000戸となりました。米国の30年物固定住宅ローン金利が7%を超えたことを受け、市場予想(70万戸)を上回る落ち込みとなりました。7月の販売戸数は71万4000戸から73万9000戸に上方改定されました。8月の前年同月比は5.8%増でした。地域別の販売戸数は、西部、中西部、人口密度の高い南部で減少しましたが、一方、北東部では増加しました。8月の販売価格の中央値は43万3000ドルで、前年同月比2.3%下落しました。8月末時点の新築住宅の在庫は43万6000戸で、7月の43万1000戸から増加しました。8月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は7.8カ月で、前月は7.0カ月でした。

&Buzzとしては、今回の報道によると、米国の新築一戸建て住宅販売戸数が予想を下回り、需要の低迷が示唆されています。特に30年物固定住宅ローン金利の上昇が影響しており、市場の景気回復に重要な役割を果たしている住宅業界にとっては懸念材料です。需要の減少が続くと、住宅市場への投資や建設業界の活気にも影響が出る可能性があります。ただし、北東部での販売戸数の増加や販売価格の中央値の微小な下落など、地域によっては好調な動きも見られます。今後の市場の動向を見守りつつ、需要の回復や金利の安定化を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました