【&Buzzの口コミニュース】米CB消費者信頼感、9月は2カ月連続で低下 物価上昇や政局懸念 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

【ニュース要約】コンファレンス・ボード(CB)によると、米消費者信頼感指数は9月に103.0となり、8月の108.7から低下しました。物価上昇や政局を巡る懸念を背景に、2カ月連続で信頼感が低下したと言われています。市場予想と比べると、105.5に対して低くなっています。チーフ・エコノミストのダナ・ピーターソン氏によると、消費者は物価の上昇や政治情勢に不安を抱えており、消費者心理は全体的に低下していると述べています。

【マーケティング担当者の感想】
&Buzzとしては、消費者信頼感の低下は市場にとって懸念すべき状況です。特に物価上昇や政治情勢の影響を受けているということで、これらの要素に配慮しながらマーケティング戦略を展開していく必要があります。消費者の心理の落ち込みが全年齢層で見られることや、収入が高い層でも顕著な影響を受けていることから、需要の低下が懸念されます。将来の見通しも悲観的であり、需要を喚起するためには工夫が必要です。しかし、一方で労働市場に対する見方が改善したことや、現況指数の上昇も見られるなど、ポジティブな要素もあるため、市場の動向を見守りながら戦略の調整を行っていく必要があります。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました