【&Buzzの口コミニュース】米自動車スト、2日目も舌戦-UAWが提案拒否とステランティス幹部 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

全米自動車労組(UAW)は、3大自動車メーカー(ビッグスリー)に対するストライキに入って2日目の16日も、UAWと会社側の舌戦が続いています。

ステランティスの幹部が、同社の組合員にとって優先事項であるイリノイ州にある休止中のジープ工場についての「説得力のある解決策」を組合が拒否していたと明らかにしました。

ステランティスは今春、イリノイ州ベルビディアのジープ工場を電動化シフトにコストがかかることを理由に休止させ、組合の怒りを買いました。

ステランティスの北米担当最高執行責任者(COO)であるマーク・スチュワート氏は16日の記者団との電話会議で、同社の申し出は14日の深夜に契約が切れる前にUAWが提案全体を受け入れることを条件としていたと述べました。

&Buzzとしては、ステランティスの提案が組合に拒否されたことは困難な交渉の一環として見守っていきたいと思います。この問題はイリノイ州のジープ工場の存続という組合員にとって重要な問題であり、双方の意見が一致する解決策を見つける必要があります。しかし、そのためには様々な交渉や議論が必要であり、時間と努力が必要です。

また、UAWのショーン・フェイン委員長がステランティスを非難していると報じられています。このような非難は、労働者の代表である組合が自らの権益を守るための駆け引きの一環として理解されるべきです。

&Buzzは、この激しい労使交渉が双方の共通の目標である雇用と工場の存続に向けた解決策を見つけるためのプロセスであり、両者が建設的な対話を続けることを期待しています。組合と企業の協力があれば、問題解決の道は開けてくるはずです。

このニュースによれば、UAWはフォードとも「それなりに生産的な話し合い」を行ったと明らかにしています。つまり、他の自動車メーカーとの交渉も進行していることが伺えます。UAWが全自動車業界に対して力強く交渉を行うことは、労働者全体の労働条件改善につながる可能性があります。

最後に、3大自動車メーカーのストライキは自動車業界全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。自動車業界は米国経済において非常に重要な位置を占めており、労使双方が円満な合意に達することが望ましいと言えます。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました