【&Buzzの口コミニュース】米国株式市場=S&P横ばい、公益事業株が安い 金利高を注視 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米国株式市場はS&P総合500種がほぼ横ばいで取引を終えた。公益事業株が大幅安となった。一方、ナスダック総合は小幅高。市場では連邦準備理事会(FRB)が金利をより長期にわたりより高水準に維持しなければならなくなる可能性が注視されている。

 

 

このニュースに対する&Buzzの感想:

 

     米国株式市場が横ばいで取引を終えたことから、今後の展開に注目が集まっています。特に公益事業株の大幅下落は懸念材料となっており、その動向を見守っていきたいと思います。

     また、連邦準備理事会(FRB)が金利を長期間にわたって高水準に維持する可能性について注視されています。これが実現する場合、市場への影響が懸念されますので、今後のFRBの動向にも注目していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました