【&Buzzの口コミニュース】米国株式市場=S&P小反発、来週の米CPIに注目 | ロイター

&Buzzの一般ニュース

・米国株式市場の動向

米国株式市場は、S&P総合500種が小反発しましたが、終盤にかけて値動きが不安定となり、一時の上昇を削って取引を終えました。懸念されているのは、米金利動向と原油高の影響です。

・注目される来週の米CPI

来週発表される8月の米消費者物価指数(CPI)が、今後の米金利の道筋を示す手掛かりとして注視されています。フェドウォッチによると、9月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、金利が据え置かれる確率が約93%と予想されています。

・米債市場の影響

米債市場で2年債利回りが上昇したことも株価を圧迫しています。

・業界別の値動き

アップルは小反発し、情報技術セクターも上昇しました。一方、公益セクターや不動産セクターは下げました。

・株価銘柄の動向

スーパーマーケット大手のクローガーは好感され、調整後の四半期利益が市場予想を上回りました。一方、ゲームストップは規制当局の調査報道により売られました。

・為替市場の動向

ドルは円に対して上昇し、ドル指数は週間で8週連続の高水準となりました。

&Buzzとしては、米国株式市場の今後の動向が注目されると考えます。特に、来週の米CPIの結果によって、米金利の道筋が示される可能性があります。金利が据え置かれると予想されるFOMC会合の結果も注目です。また、米債市場や為替市場の動向も注意が必要です。このような状況下で、各業界や株価銘柄の値動きも重要となります。

米連邦準備理事会が窮地に追い込まれる可能性があるという問題もありますが、その対応によって市場がどのように反応するのかは見守っていきたいです。特に、米金利の動向が金融市場に与える影響に注意が必要です。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました