【&Buzzの口コミニュース】米国株式市場=横ばい、FOMC待ちで材料乏しく | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米国株式市場は主要3指数ともほぼ横ばいで取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を19─20日に控え、取引材料に欠ける展開となった。FOMCでは政策金利が据え置かれるとの予想が多いが、今後の金利見通しやパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の会見が注目されている。FRBは経済指標を踏まえて政策運営を行うとしている。コアインフレ率はFRB目標の2%に向かって低下し続けており、米経済が堅調に推移していることを示唆している。こうした中、連邦議会でのつなぎ予算を巡る膠着状態への懸念が広がっている。

LSEGデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります。

<為替> ドル指数が小幅に上昇した。米連邦準備理事会(FRB)など一連の中銀による今週の金融政策判断が注視されている。

米半導体大手インテルは19日、クラウド上のデータセンターにアクセスしなくてもパソコン上で生成人工知能(AI)チャットボットを作動させることが可能な新たな半導体を開発したと発表した。今年12月に発売する。

&Buzzとしては、市場はFOMCを控えて取引材料に欠ける状況となっていますが、FRBの金利見通しやパウエル議長の会見に注目が集まっています。現在のコアインフレ率の低下は米経済が堅調に推移していることを示唆しており、直近では連邦議会の予算問題が懸念されています。また、米半導体大手インテルの新たな半導体開発には注目が集まっており、人工知能分野の進展に期待が寄せられています。これらの事象は今後のマーケット動向に影響を与える可能性があり、&Buzzとしては見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました