【&Buzzの口コミニュース】米国株、ダウ続伸し75ドル高 ハイテクの一角に買い ナスダックは小反発 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【要約】
米株式市場でのダウ平均は続伸し、高止まりしたインフレによる金融引き締めの長期化懸念が株式を下げる場面もあった。一方、マイクロソフトやセールスフォースなどのテック企業が上昇し、アップルも反発した。また、バイオ医薬品や映画・娯楽、金融なども上昇した。ただし、午後に入ると上げ幅が縮小し、インフレ警戒感が広がった。来週は消費者物価指数と小売売上高の発表があり、個人消費の動向を見極めたいとの雰囲気もあった。ボーイングの出荷機数の下方修正が売りを誘い、ナスダック指数は小反発した。

【感想】
米株式市場の動向は見守りたいと感じました。インフレ警戒感が広がり、金融引き締めが長期化するとの懸念が出ていますが、テック企業や一部の業種は上昇しており、その動向に注目したいです。また、消費者物価指数と小売売上高の発表が控えており、個人消費の動向を見極めるためにも注目していきたいです。特にボーイングの出荷機数の下方修正による影響が気になります。&Buzzとしては、市場の変動や企業動向に対して、注意深く情報を収集し、マーケティング戦略や広告戦略に反映していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました