【&Buzzの口コミニュース】米国株、ダウ反落し106ドル安 原油高が重荷 ナスダック反落 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

&Buzzの口コミニュース】米国株、ダウ反落し106ドル安 原油高が重荷 ナスダック反落 – 日本経済新聞によると、19日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が反落し、前日比106ドル57セント(0.30%)安の3万4517ドル73セントで終了しました。原油相場の上昇が続き、インフレ圧力が高まるとの観測が広がったため、売りが出ました。また、米原油先物相場も主要産油国の減産と、米国産の落ち込みへの懸念から、一時1バレル93ドル台後半と昨年11月以来の高値を記録しました。これにより、原油価格の上昇が物価上昇圧力を高め、株式市場に影響が出ました。さらに、米債券市場では、インフレが再加速するとの見方から、長期金利が上昇しました。これらの要因から、米国株には売り圧力がかかりました。

明日のFRBの結果発表が注目されており、市場では政策金利の据え置きが見込まれていますが、パウエルFRB議長の発言も注目されています。投資家は様子見の姿勢を示しており、取引終了にかけて株売りの勢いは鈍ってきました。一方で、景気敏感株では化学のダウや工業製品・事務用品のスリーエムが売り圧力を受けましたが、IT(情報技術)のIBMやスマートフォンのアップルは上昇しました。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、ネット通販のアマゾン・ドット・コムや半導体のエヌビディアが下落しました。

&Buzzとしては、今後の原油相場やインフレ圧力、FRBの金融引き締め策などに注目し、市場の動向を見守っていきたいと思います。特に、パウエルFRB議長の発言や政策金利見通しには注意が必要です。景気敏感株やハイテク株の動向も重要であり、各企業の業績や戦略にも注目する必要があります。動きが激しい市場では、投資家にとっては様子見の姿勢が重要ですが、投資の選択肢を見極めることも大切です。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました