【&Buzzの口コミニュース】米国債市場に新時代到来か、10年債利回り6%「絵空事」でない可能性 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

米国債市場の10年債利回りが16年ぶりの高水準に達し、一時5%を超えたことで、新たな時代が到来している可能性が浮上しています。これは予想を超える水準であり、金融危機後の長期にわたる超低金利時代の終焉を意味していると言えます。

その後、利回りは急速に低下しましたが、これは投資家が債券ショートポジションから利益を得るために手じまいしたことによるものでしょう。しかし、23日の利回りの大台到達は、米国債市場における新たな時代の始まりを示しており、利回りがどこでピークに達するかについての見通しは不確かです。

現在、米連邦準備制度は最も積極的な利上げサイクルの終わりに近づいているかもしれませんが、他の要因が利回りを上昇させ続けています。米経済は安定しており、インフレ率は高止まりしています。また、連邦政府の財政赤字が急増し、市場の力が無限に供給される新しい国債を吸収する能力を試されています。

&Buzzとしては、これからの利回り動向を見守っていきたいと思います。

利回り上昇はクレジットカードや企業融資などのコストに波及し、米金融当局に対する追加の利上げ圧力は弱まるかもしれません。一方で、利回りはさらに上昇する可能性もあります。

Moody’s Investors Serviceは、米国を「AAA」とし続けており、格下げの可能性にも備えています。また、日本銀行がイールドカーブコントロールを廃止することに警戒しています。これらはいずれも金利上昇に拍車をかける可能性があります。

&Buzzとしては、マーケットや金利に関わる重要なニュースを注視し、企業の金融戦略に反映させる必要があると考えています。

ひとつ言えるのは、金利の上昇により金融面で何かが壊れるということです。現在の利上げ幅に限らず、ゼロ金利から5%を超える水準まで上昇したことにより、個人消費や借入に大きな影響を及ぼすでしょう。

&Buzzとしては、金利の上昇によって影響を受ける業界や企業の動向に注目し、サポートしていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました