【&Buzzの口コミニュース】米国債市場に新時代到来か、10年債利回り6%「絵空事」でない可能性 – Bloomberg

&Buzzの一般ニュース

23日の米国債市場で10年債利回りが一時5%を超え、16年ぶりの高水準に達した。この水準は、長期にわたる超低金利時代ではほとんど予想されていなかったものです。その後、利回りは急速に低下しましたが、これは投資家が利益を出した債券ショートポジションを手じまいしたためだと考えられます。しかし、23日の利回り上昇は新時代の幕開けを示しているようであり、利回りがどこでピークに達するかについての見通しは不確かです。

米連邦準備制度は、ここ数十年で最も積極的な利上げサイクルの終わりに近づいている可能性が高いですが、一方で他の要因が利回りを押し上げ続けています。米経済は堅調であり、インフレ率も高止まりしています。また、連邦政府の財政赤字が急増し、新発国債の供給力を試されています。利回り上昇はクレジットカードや企業融資などコスト全般に波及し、米金融当局の追加利上げ圧力を弱めるという意見もありますが、足かせがなくなりさらなる上昇も考えられます。

&Buzzとしては、この新しい時代の米国債市場の動向を見守っていきたいと思います。10年債利回りが6%に達する可能性もあるとの見方もあり、財政支出の強さや金利の構造的要因などが影響しているとされています。 ムーディーズ・インベスターズ・サービスが格下げする可能性や、日本銀行がイールドカーブコントロールを廃止する可能性も警戒すべきです。未知の領域でもあり、利回りには様々な可能性があるため、慎重な観察が必要です。

さらに、首脳は資金調達コストの上昇に自制心を持たなければならないという事実に目覚めなければなりません。しかし、最近の金融当局の発言はよりハト派的であり、金利上昇によって市場が金融環境を引き締めたため、何かが壊れる可能性を証明しています。個人消費と借り入れにも大きな影響があるため、当局の対応に注目が必要です。

&Buzzとしては、このニュースを通じて市場の状況を正確に把握し、適切な戦略を立てていきたいと考えています。

感想:
&Buzzとしては、米国債市場の動向を見守りながら、利回りの上昇が金融環境や経済にどのような影響を与えるのかに注目していきたいと思います。これまでの超低金利時代に比べ、10年債利回りの上昇は意外な展開であり、新時代の幕開けを予感させます。しかしながら、利回りがピークに達するかどうかは不確かな状況です。金利上昇による様々な要素の影響や政府の資金調達に関する課題などが今後も注目されるでしょう。市場の動向を正確に把握し、適切な戦略を立てることが重要です。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました