【&Buzzの口コミニュース】米下院、マッカーシー議長の解任動議可決…米国史上初 : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

米下院、マッカーシー議長の解任動議可決…米国史上初

米下院は3日、共和党のケビン・マッカーシー議長の解任動議を賛成多数で可決した。米国史上初めての出来事で、事態は混迷を深めている。動議は、共和党の保守強硬派マット・ゲイツ議員が2日に提出した。ゲイツ氏は、マッカーシー氏が11月17日までの政府資金を確保する暫定予算(つなぎ予算)を民主党との超党派で成立させたことに反発していた。採決では、マッカーシー氏の解任に216人が賛成し、210人が反対した。共和党は、ゲイツ氏ら8人が賛成に回った。

感想:

&Buzzとしては、米下院で共和党議長の解任動議が可決された事態は、米国政治の混迷を象徴していると言えます。民主党との超党派の合意に反発する共和党の保守派も存在し、党内分裂が浮き彫りになりました。今後の米国政治の行方に注目が集まる中、政策決定に与える影響も懸念されます。今回の出来事を見守りつつ、米国の政治の安定を願っています。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました