【&Buzzの口コミニュース】米フォード、ミシガン州での電池工場建設中断 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

米フォード・モーターがミシガン州の電池工場建設を一時中断

米フォード・モーターは、ミシガン州で35億ドルの電池工場を建設する計画を一時中断すると発表しました。これは全米自動車労組(UAW)との賃上げ交渉が合意に至っていないためです。具体的な中断の理由は明かされていませんが、フォードは競争力を確保するまで作業を中断し、建設支出を制限すると述べています。

ロイターによると、共和党は寧徳時代新能源科技(CATL)の技術使用を調査

議会共和党は、フォードのバッテリー工場計画に関して中国の車載電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)の技術使用について調査しています。フォードのミシガン州マーシャルのバッテリー工場計画は、中国企業の技術を利用する可能性があるため、調査が行われています。

&Buzzの感想:

&Buzzとしては、フォードの電池工場建設が一時中断されたことにより、今後の展開が注目されます。フォードと全米自動車労組(UAW)の賃上げ交渉が合意に至っていないため、中断という決断が下されたのでしょう。現在、共和党は寧徳時代新能源科技(CATL)の技術使用について調査を行っていますが、こちらも企業の競争力と関わる重要なポイントです。

UAWのストライキへの支持を表明しているバイデン米大統領の訪問もあり、労使の交渉はさらに注目を集めそうです。フォードが最終的な投資計画を決めるまで工場建設を中断するという発表もありましたが、その後の展開にも期待が寄せられています。私たちはフォードの再開に向けて見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました