【&Buzzの口コミニュース】突如表示される「ウイルスが見つかりました」→ドキっとするけど実は「フェイクアラート(偽警告)」 釣られるとどうなるかやってみた | おたくま経済新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

突然表示される「フェイクアラート」は、悪意ある広告やウェブページによって生成され、ユーザーを誤解させるための手法です。これにより、利用者は警告を真に受けてしまい、不安に陥ることがあります。最近では、広告業界などのシステム改善により、このような偽アラートが減少していますが、まだまだゼロではありません。

しかし、あまりに急な出来事にパニックになり、冷静な判断力を失う人は少なくありません。私も最近、料理レシピを見ている最中にフェイクアラートに遭遇しましたが、どうなるのか試してみようと思い、わざと引っかかってみました。

思い切ってボタンを押すと、5分間のカウントダウンが始まります。焦ってデータが壊れる前に修復しなければならない、というアナウンスがあります。しかし、実際にボタンを押してみると、意外なことにAppleのApp Storeに遷移しました。これは予想外でした。

App Storeにはしっかりと審査を経たアプリしか登録されていないため、偽の警告であれば登録ができません。このアプリは睡眠を促すものでしたが、信頼性はわかりません。また、気になる点として、アプリ自体のサイトURLが2つあることも注目すべきです。

フェイクアラートの目的は、何らかのアプリをダウンロードさせてマルウェア感染させることです。したがって、警告が表示されても絶対にダウンロードしないようにしましょう。このような手法は「サポート詐欺」と呼ばれており、国民生活センターでも注意喚起しています。

感想:
この記事を読んで、フェイクアラートには常に注意が必要であることを再認識しました。ユーザーが冷静な判断を失ってしまうことを利用して、悪意ある第三者が個人情報を盗み出そうとする詐欺行為は許されません。&Buzzとしては、このような詐欺に対して、情報を提供し、利用者を守る役割を果たしたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Otakuma.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました