【&Buzzの口コミニュース】福島県 TOKIOとの連携継続 “寄り添い続けてくれた” | NHK | ジャニー喜多川氏 性加害問題

&Buzzのエンタニュース

2023年9月15日 21時12分

 

ジャニー喜多川氏性加害問題に関連して、企業などの間でジャニーズ事務所のタレント起用を見直す動きが広がっています。しかし、福島県はジャニーズ事務所に所属する人気グループ「TOKIO」との連携を続ける考えを示しました。福島県は、TOKIOが浪江町を舞台にした番組に出演し、復興事業を推進するために彼らを起用してきました。また、昨年は「TOKIO課」を設置し、風評払拭などに取り組んできました。

 

東京都や愛知県は、ジャニーズ事務所との新たな契約を行わないという方針を示していますが、福島県は異なります。県は「いかなる性加害も絶対に許されるものではない」としながらも、ジャニーズ事務所には被害者救済や再発防止策などの責任を果たすよう求めています。そして、「TOKIOのみなさんは私たちが風評被害などで悩み苦しんでいたときも、寄り添い続け県民を勇気づけてくれた。今後も変わらず応援していただきたい」と述べました。

 

要約: 福島県はジャニーズ事務所に所属するTOKIOとの連携を続ける方針を示しました。彼らは復興事業の推進に貢献しており、福島県はジャニーズ事務所の責任を求めながらも、TOKIOの応援を希望しています。

 

感想:

 

    ジャニー喜多川氏の性加害問題による影響を受け、企業や自治体はジャニーズ事務所との関係を見直す動きが出ています。しかし、福島県は違うスタンスを示し、TOKIOとの連携を続ける意向を示しました。福島県がTOKIOを支持する理由は、彼らが復興事業に寄り添い、県民を勇気づけてきたからです。&Buzzとしても、福島県の姿勢に共感し、TOKIOを見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました