【&Buzzの口コミニュース】生命生存可能領域の惑星「K2-18 b」の大気中でメタンと二酸化硫黄が発見され海の存在可能性が濃厚に、地球では生物由来のものしか存在しない硫化ジメチルも検出される – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

【要約】

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の分光計を用いて、生命が生存可能なハビタブルゾーンに存在する惑星「K2-18 b」の大気組成が分析されました。その結果、メタンや二酸化炭素が豊富に含まれ、アンモニアはわずかしか存在しないことが明らかになりました。また、硫化ジメチルが存在する可能性も示唆されました。これは地球上で生物由来のものしか存在しないため、異星生命体の探索において多様な居住環境を想定する重要性を示しています。

&Buzzとしては、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による研究成果は地球外生命探索において大きな意義を持ちます。「K2-18 b」の大気中にメタンや二酸化炭素が存在することから、海が存在する可能性が高まりました。また、生物由来の硫化ジメチルも検出されたことで、研究者は惑星の居住環境の多様性を考慮しなければならないことが示されました。これは異星生命体の存在を探求する上で重要な知見です。今後さらなる研究が期待されます。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました