【&Buzzの口コミニュース】生体深部を非侵襲的に観察できる多色発光イメージング用マウス | 理化学研究所

&Buzzのサイエンスニュース

当サイトは、Javascriptを使用しています。Javascriptを無効にして閲覧した場合、コンテンツが正常に動作しないおそれやページが表示されない場合があります。当サイトをご利用の際には、Javascriptを有効にして閲覧下さい。

【生体深部を非侵襲的に観察できる多色発光イメージング用マウスの開発】

理化学研究所(理研)の研究チームが、ホタル由来の発光遺伝子を導入することで、生体深部組織の発光イメージングを飛躍的に改善する2種類のマウス系統を開発しました。これにより、非侵襲的に細胞や臓器の振る舞いをリアルタイムで可視化することができる技術が確立され、がんや免疫反応など病的な状態の生体システムの理解に貢献できると期待されています。

これまでの発光システムでは、ホタル由来の発光酵素と基質の組み合わせが一般的でしたが、その強度が不十分であり、色も限られていました。今回の研究では、より明るく発光し、異なる色に発光する2つのマウス系統を開発しました。

この研究成果は、生命科学研究の分野で非常に有用なバイオリソースとなると期待されます。&Buzzとしては、この研究の展開を見守りたいと思います。

この &Buzzニュースは、Riken.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました