【&Buzzの口コミニュース】独高級車メーカーが中国の標的か、EUの補助金調査巡り報復なら – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

欧州連合(EU)の中国の電気自動車(EV)向け補助金に関する調査は、中国製の廉価EVが大量に流入することを防ぐために行われている。しかし、この調査が報復関税の応酬に発展すれば、独高級車メーカー3社の売れ筋車種が大きなリスクにさらされる可能性があると指摘されている。

&Buzzとしては、中国の電気自動車市場が今後ますます成長していくことが予想されるため、この調査は重要な意味を持っています。中国では、メルセデスの「Sクラス」やBMWの「7シリーズ」、ポルシェの「カイエン」といった高級車への需要がとても高いですが、これらの車種は主に中国市場向けに輸出されています。そのため、EUが中国に対して対抗措置を取ると、これらの高級車メーカーが影響を受ける可能性があります。

調査が発表されてから、ポルシェの株価が下落し、BMWとメルセデス・ベンツも下げています。一方、大衆車メーカーの株価は上昇しています。メルセデスは昨年、中国での販売のうち約20%以上が輸出分であり、BMWも3分の1が輸出分でした。ポルシェは中国での現地生産を行っていません。

&Buzzとしては、独高級車メーカーの今後の動向を見守っていきたいと思います。中国の自動車市場は成長が続く中で、電気自動車の需要も高まっています。EV補助金に関する調査が適切に進められ、貿易摩擦が回避されることを願っています。

&Buzzでは、独高級車メーカーやEV市場の動向について常に関心を持ち、情報を提供していきたいと考えています。

(参照元:Bloomberg

感想:マーケティング担当者からの感想として、このニュースに関しては市場動向や競争環境の変化に注意を払う必要があると感じました。中国の電気自動車市場は急速に成長しており、欧州連合の補助金調査が市場やメーカーに与える影響を見極めることが重要です。特に独高級車メーカーは中国市場での需要が高く、報復関税のリスクがあることから、細心の注意を払う必要があります。&Buzzとしては、市場の動向を注視し、適切な対策を講じることが求められると考えます。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました