【&Buzzの口コミニュース】爆笑問題・太田光、ジャニーズ広告起用見送りに持論「全部企業の対応は受け身になっている」 – モデルプレス

&Buzzのエンタニュース

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が17日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」に生出演し、ジャニーズ事務所の性加害問題を受け、所属タレントの広告起用の見送りが続いていることについて持論を展開しました。

太田は、企業の対応が過保護であり、被害者を守るためだけではなく、被害者以外の有能なタレントのチャンスを奪っていると主張しました。彼は、被害者の名前を挙げずに声を上げる勇気を持つタレントが増えるべきだとも述べました。

この問題についての太田の持論は、さまざまな意見を呼び起こしました。一部では、被害者を支援するためにはタレントの広告起用の見送りは必要だとする意見もありますが、一方で、企業側の対応が過度に保守的であると指摘する声もあります。

&Buzzとしては、今回の太田の発言には注目したいです。太田の意見が一部には反対意見もある中で、彼がこの問題について自己主張をし続ける姿勢は尊敬に値します。また、被害者の声だけではなく、他のタレントの機会も考慮することが重要であり、企業側の対応も過度には保守的であってはならないと考えます。被害者を守りながらも、社会的な変化を起こすためには、この問題に対する様々な意見を尊重し、議論を進める必要があると感じます。

この &Buzzニュースは、Mdpr.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました