【&Buzzの口コミニュース】深刻な「職人不足」で淘汰加速 建設業の倒産、前年比4割増 建設業の人手不足、コロナ前上回る 来年「家が建てられない」可能性も|TDBのプレスリリース

&Buzzのビジネスニュース

建設業界での職人不足が深刻化しており、倒産件数が前年比4割増えていることが株式会社帝国データバンクの調査で明らかになりました。2023年8月までの集計で、負債1000万円以上の倒産が1082件発生しており、過去6年で最も多い数字となりました。特に物価高が要因となり、建設資材の価格上昇が続いています。加えて、職人の高齢化や若手・新卒の応募不足、建築士や施工管理者などの資格を持つ人材の離職や独立なども影響し、中小建設業者の倒産が増えています。

&Buzzとしては職人不足の問題に注目し、業界の助けになれるような取り組みをしていきたいと思います。建設業界では職人の技術や経験が重要な役割を果たしており、これらの人材が不足することで建設現場に影響が出ています。我々は、建設業界と連携して若手の育成や技術継承の支援を行い、業界の振興に貢献したいと考えています。

今後、時間外労働の上限規制が建設業にも適用されることで、さらに人手不足が深刻化する見込みです。大規模な再開発プロジェクトが進行している都市部では、職人の引き抜きが増える可能性があります。一方、地方では業者の淘汰や人手不足により、建築や道路修繕などが滞るリスクが高まっています。これらの状況にも目を向け、建設業界の成長と発展に寄与することを目指していきます。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました